hospitaldantoni.org

hospitaldantoni.orgのブログです。




子供はやっぱりバランスのよい食事と運動で身長を伸ばすことができます。

身長だけでなく、体総体の進化にも必須となりますので、整然ととれるように心がけましょう。

「たんぱく質」身体の筋肉や皮膚、内臓などを作っています。

そして、栄養バランスの良い食事に欠かせないのが「五大栄養素」です。

今、子どもたちが食べているご飯の栄養バランスについて考えたことはあるでしょうか。

なお、脂質もホルモン分泌のために不可欠となる栄養素です。

仮に糖質が不足したケースは、子どもがイライラしてしまったり、疲労を感じてしまうきっかけとなります。

また、「ビタミンD」や「ビタミンK」にも、カルシウムの働きをアフターケアする効果があり、骨を強くするのに一役買ってくれます。

加えて、たんぱく質の種類には「アルギニン」という我が子の身長を伸ばしていくために肝心な成分があります。

ちなみに「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」「鉄分」もミネラルの一種です。

身長の伸ばし方関連サイト:http://f7doyz65.ldblog.jp/

そして人体から分泌される様々なホルモンや、病気から体を守る免疫細胞を製作する成分ともなります。

「不飽和脂肪酸」は、血液中の余分な脂質を減らし、、血流を良くしてくれます。

「ミネラル」骨や歯をつくる元となり、他にも体調を整える役割もあります。

「ビタミン」ビタミンにはたくさんな種類があり、これらのビタミンは、今までに紹介した栄養素の働きを助ける役割があるので、どうぞとる事が大事です。

「脂質」筋肉や内臓を衝撃から守る役割があります。

この五大栄養素にはどういった役割があるのでしょうか。

最初に、「娘の食事改善」から行っていきましょう。

そして、脂質をバランスよく身体に取り込むためには、「不飽和脂肪酸」をびしっととるようにしましょう。

五大栄養素とは、「たんぱく質」「脂質」「糖質」「ミネラル」「ビタミン」のことを言います。

五大栄養素は子どもの身長のためにはとっても価値があるです。

「糖質」脳に活力を与えてくれます。

息子の身長を伸ばしたいと考えた時に直ちにに思い浮かぶのはカルシウムかと考えますが、このアルギニンも重要で、アルギニンとカルシウムをバランスよく摂取する必須があります。

娘の精神様子を安定させるためにも糖質は大事です。

「野菜をあまり食べない」「ファーストフードばかり食べている」そのようなお子様は、栄養バランスが崩れている可能性が大です。